東洋製罐グループのCSR経営

東洋製罐グループは、2016年に「東洋製罐グループの経営思想」を制定しました。
この経営思想をグループの共通指標として総合力を発揮し、次の100年を目指します。
東洋製罐グループ経営思想

東洋製罐グループ経営思想

東洋製罐の根本方針
東洋製罐根本精神

1933年(昭和8年)、創業者高碕達之助は「東洋製罐の使命」という小冊子の中で、創業の理念を根本方針として明文化し、株主、従業員、業界関係者に配布しました。以来、東洋製罐グループは、この根本方針のもとに私たちの使命を果たしてまいりました。
東洋製罐グループのCSRの原点がここにあります。

グループCSR基本方針

東洋製罐グループのCSRとは、「誠実で公正な事業活動を通して、人類の幸福繁栄に貢献しつづけること」です。
東洋製罐グループで働く一人ひとりが、CSR精神を理解し、全てのステークホルダーに対応します。

グループCSR基本方針

グループCSR推進体制

東洋製罐グループのCSR経営を推進するために、グループCSR推進委員会を設置しています。
同委員会は、東洋製罐グループホールディングス会長を委員長とし、同社の役員および各主力統括会社、統括会社社長を委員として構成します。

グループCSR推進体制図

CSR
トップインタビュー
東洋製罐グループのCSR経営
東洋製罐グループのマテリアリティ(重点課題)
東洋製罐グループ各社のCSR活動

Environment:環境

地球環境とのかかわり

環境配慮型製品への取り組み

Social:社会

品質保証体制

受賞実績

資材購買基本方針・行動方針

従業員とともに

社会貢献活動

ユニバーサルデザイン

Governance:ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コンプライアンス

リスクマネジメント

財務・決算(株主・IR)

ISO26000対照表

CSRレポートダウンロード

CSRレポートアンケート
100年のあゆみ
あなたの周りに東洋製罐グループ


広告ライブラリ

容器文化ミュージアム
容器文化ミュージアム外部リンク

東洋製罐グループ 新卒採用情報
東洋製罐グループ 新卒採用サイト外部リンク


Page Top