Environment: 環境 地球環境とのかかわり

地球環境の保全と質的改善に、積極的に取り組みます。

東洋製罐グループ環境方針および2050年に向けた長期目標

環境方針および2050年に向けた長期目標

 東洋製罐グループでは2002年に環境方針を制定し、事業活動を通じて、地球環境の保全と質的改善に、積極的に取り組んできました。
 2015年には、2050年までを見据え、環境ビジョンを改定するとともに、長期環境目標の策定を行い、持続可能な社会の実現に向けた次のステップへ踏み出しました。

東洋製罐グループ環境方針
【環境理念】

東洋製罐グループは地球環境の保全、さらには地球環境の質的改善が人類共通の最重要課題であることを強く認識し、企業活動のあらゆる面で環境に対するきめ細かい配慮を行いつつ、人類の生活文化の向上に貢献します。

【環境ビジョン】
東洋製罐グループ環境ビジョン

 東洋製罐グループは、固有技術の結集と世界の技術の活用により、私たちが提供する製品・サービス・システムのバリューチェーンにおいて、3つの側面から持続可能な社会の実現に貢献します。



【環境行動指針】
1. 省エネルギーに努めるとともに、環境に配慮したエネルギーのベストミックスを目指します。
2. 省資源に努めるとともに、発生する排出物の削減、再資源化を推進します。
3. ライフサイクルにおいて、環境に配慮した製品開発、技術開発、製品製造を推進します。
4. 環境負荷の高い物質は使用削減を推進するとともに、代替物質への切り換えに努めます。
5. 環境汚染の予防を推進します。
6. ステークホルダーとの環境コミュニケーションを積極的に行い、相互理解に努めます。

【2050年長期目標】
1) CO2排出量を2050年度までに半減を目指します。
2) 新規投入資源の使用量を最大限に削減し、再生材や再生可能材料への代替に努めます。
3)

調達、開発、製造、販売、サービス活動においてライフサイクルを考慮し、製品およびサービスを通じて、地球上の生物や人類が永続的に共生できる社会の実現に貢献します。

※ 基準年は2013年度

CSR
トップメッセージ
東洋製罐グループのCSR経営
東洋製罐グループのマテリアリティ(重点課題)
東洋製罐グループ各社のCSR活動

Environment:環境

地球環境とのかかわり

環境配慮型製品への取り組み

Social:社会

品質保証体制

受賞実績

資材購買基本方針・行動方針

従業員とともに

社会貢献活動

ユニバーサルデザイン

Governance:ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コンプライアンス

リスクマネジメント

財務・決算(株主・IR)

ISO26000対照表

CSRレポートダウンロード

CSRレポートアンケート
100年のあゆみ
あなたの周りに東洋製罐グループ


広告ライブラリ

容器文化ミュージアム
容器文化ミュージアム外部リンク

東洋製罐グループ 新卒採用情報
東洋製罐グループ 新卒採用サイト外部リンク


Page Top