お知らせ

RSS

最新のお知らせ

2018年06月01日

東洋製罐グループのマテリアリティ(重要課題)特定に関するお知らせ

東洋製罐グループホールディングス株式会社(代表取締役社長:中井隆夫)は、このたび持続可能な社会の実現に貢献するため、優先的に取り組む課題を「東洋製罐グループ 8つのマテリアリティ(重要課題)」として以下のとおり特定いたしました。

これは東洋製罐グループの経営思想を踏まえたものであり、今後経営と一体となったCSRへの取り組みを推進してまいります。また、これらのマテリアリティに取り組むことで、SDGsによって定められた目標の達成に貢献してまいります。

なお、マテリアリティ(重要課題)の特定プロセス、具体的取り組みについてはCSRレポート2018、ホームページにて公表いたします。

 

 

※SDGs(エス・ディ・ジーズ)とは

平成27年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて掲げられた国際目標で、持続可能な世界を実現するための17のグローバル目標・169のターゲットから構成されています。

 


Page Top